税務・会計

業務確認

まず会社の業務フローを一緒に確認していきます。販売・サービス・仕入れ・生産・経理・給与といった主な業務の流れ、経営目標、進め方、書類の整備状況、組織体制等を教えていただくとともに、課題があれば把握し改善を進め、を集約していきます。一緒に確認することで自社の自社の経営管理の整備状況を再認識する良い機会となります。

月次サポート

経営で成功するための第一歩は、利益をすばやく把握することです。税務顧問になった場合、原則的には毎月訪問し、月次決算のチェックと業績の把握を行います。そして、今後の展開をヒアリングし情報共有することにより決算がどうなるかを予測します。それをもとに課題やご要望について話し合い、必要なサポートをしていきます。また、月次決算では、経営の根本として経理機能の向上を目指します。

決算サポート

毎月、決算予測を行っておりますので、その都度節税などの細かな決算対策はご相談しますが、決算3ヵ月前には、時間をとって決算対策の検討を行います。法令審査をしっかりとしたうえで当事務所では書面添付制度(※)を行い、極力税務調査の省略をめざしております。決算報告では、決算書類について損益状況、資産状況、キャッシュフローの状況をわかりやすくご報告しております。
※書面添付制度とは、法第33条の2の書面で税理士が関与した内容を記載し申告書に添付する制度で、税務調査の必要なしと判断されれば税務調査省略もありうるとするものです。

経理の高度化、ITの利用

経理は正確な情報を素早く入手することが理想です。それを実現するためには領収書を会計事務所に丸なげするような方法ではタイムラグが必ず発生するためその理想を実現できません。そこで当事務所では自社で経理処理を完結できるように自計化を推奨しております。

◇自計化をすすめるためのツール
当事務所では自計化をすすめるためクラウド会計を利用しています。クラウド会計を利用することで経理処理の効率化を図るとともにいつでもどこでも会社の数字が確認できるようになります。

◇当事務所で利用しているクラウド会計の種類
当事務所では会計freee、MFクラウド、発展会計の3種類を中心に利用しています。
※お客様で既に利用している会計ソフトがあればお客様の負担軽減のため、その会計ソフトの継続利用を第一に考えます。

税務調査対応

税務調査は受忍義務が伴います。書面添付している場合、調査前に意見聴取を受けますが、そこで調査省略に努め会社の負担をできるかぎり軽減します。また意見聴取で終わらず税務調査に移行することになれば、調査に立ち会い御社を全力でサポートいたします。

顧問報酬

当事務所では、外部ブレーンとしての顧問契約を基本としております。報酬は会社の規模、業種等により異なります。詳しくはお問い合わせください。こちら

松尾経営会計事務所

〒554-0013
大阪市此花区梅香3丁目13番16号
[TEL] 06-6459-7464
[FAX] 06-6459-7473

お問い合わせフォーム

最新トピックス【福島区】

2018.10.10

 地図

阪神電鉄千鳥橋駅より徒歩5分

To top