業務内容

起業・会社設立

STEP1:事業の計画を立てる

まず最初に、事業の計画をたてることのお手伝いをさせていただきます。頭の中で描いている事業を見える化していきます。「何を、だれに、どのように」して売上をあげていくのかを考えます。そのために資金がどれくらい必要か、自己資金でいくのか、銀行借入で賄うのか、設立後のスケジュールをしっかり組み立て、まず事業の土台を構築しましょう。
 

STEP2:会社設立手続き

弊所では提携先の司法書士と連携して法人の設立手続きをワンストップで支援します。まず定款を作成します。会社の目的、資本金、機関の設計、株主、役員、決算時期等を司法書士と税理士・中小企業診断士がタッグを組みお客様のサポートをさせていただきます。定款の認証が終わると資本金の払い込み、法務局への登記申請を行い法人を設立します。
 

STEP3:官公庁への届出

会社を設立すると官公庁に対して設立届をはじめ種々の届出書の提出が必要になります。弊所ではそれらを不足なくすべて代行いたします。
 

STEP4:資金調達

日本政策金融公庫の創業融資獲得を支援いたします。効果的な創業計画書・事業計画書の作成を一緒に考えていきます。申し込み準備が完了しますと日本政策金融公庫の弊所担当窓口をご紹介させていただきます。
 

STEP5:経営サポート

会社設立後の経営をサポートいたします。弊社と顧問契約をしていただくと原則的に毎月会社を訪問いたします。そうすることによって会社の状況も把握しやすくなり単純に会計処理をするだけでなく、問題点や課題を洗い出しそれらの解決に向けたご提案ができるものと考えます。税理士はその職務上、経営者の一番身近な専門家になりやすいと思います。会社設立時点だけでなく会社設立後のパートナーとして税務、法務、金融、経営全般をサポートしてきます。
⇒会社設立にかかる費用はこちら